Lingerista – 下着・ランジェリーの総合情報メディアランジェリスタ

All Eitries

全記事一覧

  1. Baby Doll Tokyoを主宰する緑川ミラノ氏

    初めてできた彼氏は、ビジュアル系。デート当日、彼好みの服を一生懸命考えていった彼女に向けられた言葉は「ダサい!」。そう言わせたことがショックで、自分自身に恥ずかしくて。それが本気で服作りをし始めた原体験だったかもしれないと話すのは、2000年からBaby Doll Tokyoを主宰する緑川ミラノ氏。その場にいるだけで華があり、麗しいという言葉がぴったりの成熟した美しさを放つ現在の彼女からは、恋人に「ダサい」と言われてしまう女の子の姿など、想像もつかない。 2020年8月8日、「コルセットの日」に20年続いた原宿店をクローズし、日本橋で新たなスタートを切ったBaby Doll Tokyo。あらためて、ミラノ氏の人生と共にあるBaby Doll Tokyoの軌跡を振り返るとともに、今後の展開についてたっぷりとお話を伺った。ファンを虜にし続けるミラノ氏とBaby Doll Tokyoの魅力を、3編にわたってお届けする。

  2. Bouquet ブラレット

    Alquarte(アルクァーテ)の定番、大人気のブーケシリーズ。上質なフランス産レースを贅沢に使用したやわらかい質感と、バストに吸い付くようなフィット感の良さが魅力です。 めずらしいマンダリンレッドは、とても鮮やかながらも肌馴染みし、グッと明るく見せてくれます。つけるだけでなんだか元気が湧いてくる、お守りのようなブラレット。

  3. color drop yellow green

    Lingerie art(ランジェリーアート)のカラードロップシリーズは、ランジェリーにはめずらしいフレッシュな色味で、つける人の魅力をグッと引き出します。ノンワイヤー、ノンパテッドで、ありのままの姿を楽しむセンシュアルなデザイン。スケスケなのに、エロスではない。そよ風のように爽やかなセクシーさが魅力の1着。

  4. Quartz Sheer Bralette

    セクシーなのにいやらしくなく、上品。遊び心のあるデザインでありながら、身体にもフィットしてくれる。 そんなわがままな希望を叶えてくれるランジェリーがあったら嬉しいですよね。 相反する要素が絶妙なバランスで共存している、そんなランジェリーが、Alquarte(アルクァーテ)には多々あります。

  5. Repos Tank Top Bra

    いますぐに胸を張ってお出かけしたい!こんなにおしゃれで可愛いのだから、隠すなんてもったいない!胸元からのぞかせて、自信たっぷりに1日が始まる…。 つけるだけで、パッと明るく前向きになれるような、そんな気分にさせてくれる、Albâgeの「Repos Tank Top Bra」。 これ1枚でいつもの着こなしがぐっとおしゃれになる、とにかく便利でヘビロテ確実なアイテムです。 気分が上がって「みんな見て見て!」とつい言いたくなるような、ワクワクするブラ。

  6. KYOSHU Soft Full Cup Bra

    他とはかぶりたくない、個性的でおしゃれなブラが好きな方、必見です。 今回ご紹介するAlbâge(アルバージェ)の「KYOSHU Soft Full Cup Bra」は、モダンでクール、シャープなかっこよさがたまりません。 デザインはもちろん、カラーリングや圧倒的な軽さが他にはなく、アルバージェらしさが満載です。 しなやかな美しさが唯一無二で個性的。サラリと着こなしたい、大人な表情のブラ。

  7. Risa Magli(リサマリ)から、「Claudia クラウディア」「ナタリー」「レクシー」「マヤ」などを含む2022年最新アイテムのご紹介です。

  8. 本格的なコルセットとの出会いが緑川ミラノの運命を変えた。

    2000年からBaby Doll Tokyoを主催する、緑川ミラノさん。ファンを魅了し続けるその世界観について、前編ではその“原点”とも言えるお話を伺った。「ゾクゾクするもの」に惹きつけられた子ども時代から、思春期の衝撃的な思い出、ミラノさんの母親像、そして上京後、華やかな世界で見たたくさんの美しいものや自立してかっこいい人たち。 中編となる今回はいよいよ、Baby Doll Tokyo原宿での20年間について。お店のスタートから、ロサンゼルスでの運命的な出会い。お店の中だけにとどまらず、たくさんのファンを巻き込み、魅了したイベント。聞いているだけで目が回りそうな20年間について、ミラノさんが語ってくれた言葉とは━━。

  9. Racine Triangle Bra

    毎日頑張るすべての人たちへ。 混沌とした日々に、息つく暇もなく毎日が過ぎ去ってゆく、そんなあなたに。ちょっと立ち止まって深呼吸しませんか?軽やかなランジェリーを身につけて、気持ちも軽やかに、晴れやかにいきましょう。 そんなきっかけとなるような、Albâge(アルバージェ)のソフトブラ「Racine Triangle Bra」をご紹介します。異素材ミックスで大人可愛い、やさしいブラです。

  10. Lace Weekend Set - PURPLE RAIN

    これほどまでにバストの形が整う美しいソフトブラを、私はつけたことがありません。そのままのバストにフィットしているのに、なぜか形が整って、自然と格上げされる、そんな魔法のようなブラ。この驚きを、全ての方に体感してほしい! 今回は、圧倒的な着心地の良さと洗練されたデザインが美しい、ドメスティックブランドMaimiaの「Lace Weekend Set」をご紹介します。

  11. Liloseが提案するファッションに関する価値観

    2021年10月に誕生したランジェリーファッションブランド、Lilose(リローズ)。前編ではブランド立ち上げに関するお話を中心に伺った。後編は、Z世代の一人として道美さんが考える、ファッション、ジェンダーなどのお話について。道美さんと同世代の読者はもちろん、筆者(30代)やそれ以上の世代の方にも、多くの人が共感できる部分があるはず。

  12. Liloseのデザイナーでありオーナーの郡樂道美

    2021年10月にローンチしたばかりのランジェリーファッションブランド、Lilose(リローズ)。デザイナー兼オーナーである郡樂道美さんは1996年生まれ(現在25歳)、いわゆる“Z世代”である。直近を振り返り、「はじめての注文が入ったときは、本当に涙が出た」と素直な思いを話してくれた。自らランジェリーとアパレル両方のデザインを手がけ、「ランジェリーファッション」を提案する道美さんに、Liloseを通して表現したいもの・伝えたいことなどについて伺った。