Lingerista – 下着・ランジェリーの総合情報メディアランジェリスタ

Ranking

人気記事

  1. 人気女王様たちから慕われるボンデージ・コルセットのスタイリスト Baby Doll Tokyoと緑川ミラノ
    1

    初めてできた彼氏は、ビジュアル系。デート当日、彼好みの服を一生懸命考えていった彼女に向けられた言葉は「ダサい!」。そう言わせたことがショックで、自分自身に恥ずかしくて。それが本気で服作りをし始めた原体験だったかもしれないと話すのは、2000年からBaby Doll Tokyoを主宰する緑川ミラノ氏。その場にいるだけで華があり、麗しいという言葉がぴったりの成熟した美しさを放つ現在の彼女からは、恋人に「ダサい」と言われてしまう女の子の姿など、想像もつかない。 2020年8月8日、「コルセットの日」に20年続いた原宿店をクローズし、日本橋で新たなスタートを切ったBaby Doll Tokyo。あらためて、ミラノ氏の人生と共にあるBaby Doll Tokyoの軌跡を振り返るとともに、今後の展開についてたっぷりとお話を伺った。ファンを虜にし続けるミラノ氏とBaby Doll Tokyoの魅力を、3編にわたってお届けする。

  2. Strapless Bra - STARGAZER
    2

    つけた誰もが「良いオンナ」になれる。今回ご紹介する、Maimia(マイミア)のストラップレスブラ「STARGAZER」にはそんな魔法がかかっています。 「星を見つめる者 夢想家」そんなロマンティックな意味を持ち、まるで夢に出てくるようなカラーリングと魅惑的なレース使いにときめく、Maimia(マイミア)らしさ満載のブラ。 圧倒的な着心地の良さと洗練されたデザインで、つけた瞬間驚くはず。

  3. 人との会話から作り上げていくもの ビスポークランジェリー「Uchida」筒井ユキさんインタビュー(前編)
    3

    「ビスポークランジェリー」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろうか?そもそもビスポークという言葉自体、耳慣れない方も多いかもしれない。じつは筆者も、そのひとり。意味を調べると、語源は「be spoken for」、注文を受けて顧客と話し合いながら作りあげるもの、とある。ちなみに対義語は「ready made」=既製品である。 今回お話を伺ったのは、福岡のアトリエで2022年からビスポークランジェリー『Uchida』を手がける筒井ユキさん。ビスポークってなんだろう、Uchidaの作るランジェリーはどんなものだろう、そんな純粋な好奇心から始まったインタビュー。ビスポークランジェリーは自分には縁遠いもの、などと感じている読者にこそ、ぜひ肩の力を抜いて覗いていってもらいたい。

  4. Tsuya Open Back OP ドレス
    4

    今回は、ランジェリーブランドAlbâge(アルバージェ)のワンピース、「Tsuya Open Back OP 」をご紹介します。(以下つやワンピ) 背中が大きくあいたデザインが特徴的な、シンプルなワンピース。で、ありながら、腕を通すとわかる、とても柔らかく上質な素材と、ボディスーツのように身体にふわっとフィットするところに脱帽です。

  5. Secret Me | よくばりブラ
    5

    パッと目を惹くビタミンカラーが鮮やかで、心まで晴れやかになりそうなデザインと、グラマーサイズのブラにはめずらしい機能面が特徴の、「よくばりブラ」。その名の通り、まさによくばり!グラマーサイズのブラではなかなか叶えられなかったいろんなこと、よくばりブラが叶えます。

  6. Racine Triangle Bra
    6

    毎日頑張るすべての人たちへ。 混沌とした日々に、息つく暇もなく毎日が過ぎ去ってゆく、そんなあなたに。ちょっと立ち止まって深呼吸しませんか?軽やかなランジェリーを身につけて、気持ちも軽やかに、晴れやかにいきましょう。 そんなきっかけとなるような、Albâge(アルバージェ)のソフトブラ「Racine Triangle Bra」をご紹介します。異素材ミックスで大人可愛い、やさしいブラです。