Lingerista – 下着・ランジェリーの総合情報メディアランジェリスタ

バストとヒップの下垂を防ぎたい!切れると戻らない「クーパー靭帯」を守って、上向きバスト&もも尻を手に入れよう

Category / HOW TO

バストとヒップの下垂を防ぎたい!切れると戻らない「クーパー靭帯」を守って、上向きバスト&もも尻を手に入れよう
女性らしさの象徴でもあるバスト。自分にとって大切なパーツだからこそ、大きさや色、形、左右のバランスなどが“悩みの種”になりやすいのも事実です。特に30代を越えると筋肉の衰えや肉質の変化もあり、バストトップの位置が下がるという現象も生じます。こういった筋細胞や肉質の変化であればベースの筋肉のトレーニングなどで維持・回復を促すことも可能ですが、「クーパー靭帯」と呼ばれる組織が損傷するとそうはいきません。「クーパー靭帯」は“回復をほとんどしない組織”と言われ、バストの構造の中で吊り橋の糸のような重要な役割を担っています。このクーパー靭帯の糸が切れてしまうと、多くの女性を悩ませるバスト下垂の原因となってしまいます。では、バスト位置をキープさせるにはどうすればいいのでしょうか。高い位置を保った美しいバストラインを維持するための、大切な心がけをご紹介します。

はじめに、バストを支える「クーパー靭帯」がどのようなものなのかを簡単にご紹介します。

<クーパー靭帯ってなに?>

クーパー靭帯は、コラーゲンの繊維でできた組織です。他の部位において、通常は筋肉や骨格が脂肪などを支える役割を担っていますが、バストは構造自体が大きく異なります。もちろんベース部分には筋肉は存在していますが、バスト内には基本的には骨も筋肉も存在しません。このクーパー靭帯がバストを、つまり乳腺組織と筋肉を繋ぐ役割を担っています。

研究が進んだ現代では、クーパー靭帯を回復する技術も出てきているようですが、基本的には自然治癒しないと言われています。つまり、バストの下垂を防ぐもっとも効果的な対策は、「クーパー靭帯を傷つけないこと」なのです。

バストアップや下垂を防ぐために、胸筋を鍛えることが提唱されているようですが、実は胸筋だけでは重力に逆らえません。乳房を引っ張って持ち上げるクーパー靭帯をケアし、合わせて筋トレも行うなど、ダブルでのアプローチが大切です。

では、「クーパー靭帯」を守るためになにを意識すべきなのでしょうか。気づかずに行っている方も多い、NG習慣をチェックし見直してみましょう。

  • ノーブラで過ごす
  • 運動で、胸を激しく揺らす
  • バストに過度な刺激を与える
  • バストの形が大きく変わるような過度なマッサージ
  • 加齢や重力による垂れを放置する
  • ブラジャーを付けずに就寝する

基本的には、クーパー靭帯が切れる大きな原因は、バストが本来の位置から大きく動くためです。

<ノーブラNG! スポーツ時もブラジャーを!>

スポーツ時には、可能な限り専用のスポーツブラなどを着用しバストの下垂を防ごう
スポーツ時には、可能な限り専用のスポーツブラなどを着用しバストの下垂を防ごう

最近若い女性の間でもスポーツがブームとなっており、休日や出勤前後などに公園でランニングを楽しむ姿が増えています。激しい運動時にはフィット感の強いブラジャーではなく、サポート機能(カップ)付きのタンクトップなどを着用する方も多いですよね。しかし、カップ付きタンクトップは通常のブラジャーやスポーツ用のブラジャーに比べて上下左右への揺れが強く出るため、激しい揺れによってクーパー靭帯が傷つきやすくなります。グラビアアイドルやモデルさんが胸にサラシを巻いて運動やエクササイズに取り組んでいるのも、胸の上下運動を軽減し、バストの下垂を防ぐためです。スポーツ時には、可能な限り専用のスポーツブラなどを着用するよう心がけましょう。

<コンプレックス解消のつもりが逆効果!?マッサージはほどほどに>

「バストアップマッサージ」を扱うエステは多いですが、実はこれも落とし穴。リンパマッサージ以外で痛みを伴うようなマッサージや、乳房自体を上下左右に動かすような激しいマッサージは、運動時と同じくクーパー靭帯を元の位置から引き延ばす行為です。バストのボリュームアップやバストケアを目的として流行しているマッサージを受ける際、また自身で行う際も同様に注意が必要になります。

<Cカップ以上は特に注意を!就寝時に潜むワナ>

忙しい日中を終えて入浴、そして就寝。多くの方は入浴後にはブラジャーをつけませんが、実は就寝時にもクーパー靭帯を傷めてしまう思わぬ落とし穴があるのです。それは「自分の体の重さ」と「バストの重さ」。特にCカップ以上の大きめバストになると、就寝時にバストが左右へ流れてしまったり、うつぶせになったときに自分の体の重みでバストを押しつぶしたり、無意識のうちに強い力がバストにかかってしまいます。

こういった就寝時のバストを守ってくれるのが、夜寝るとき用の「ナイトブラジャー」です。もちろん、Bカップ以下の方にもおすすめです。重力は、だれしもに均等にかかる力。ぜひカップ数に関わらず、就寝中にもバストケアを行っていきましょう。

ただし、就寝時にまで普通のブラを着用するのはNG!とくにワイヤー入りのブラジャーなどを着けて就寝してしまうと、ワイヤーで血流が滞るだけでなく、ワイヤーが本来当たるべきでない部位に力を加えてしまうこともあり逆効果です。ノンワイヤーのブラジャーをリラックスタイムにもしっかり着用することで、大切な組織を少しでも守ってあげましょう。

<バストの肌も顔と同じくケアしましょう>

肌自体のたるみや肉質の変化なども、バストの下垂原因のひとつ
肌自体のたるみや肉質の変化なども、バストの下垂原因のひとつ

クーパー靭帯を守るための習慣をご紹介しましたが、もちろんバストの下垂の原因となっているのはそれだけではありません。肌自体のたるみや肉質の変化なども、バストの下垂原因のひとつです。バストの皮膚は、顔まわりと同じく、手や足よりも薄く繊細な皮膚でできています。露出する機会の少ない部位ではありますが、しっかり保湿やケアを行うことで、ツンとした上向きのバストをキープできます。なかでも、乳腺がふくらみバスト自体が膨らんだ妊娠後は要注意!元のサイズに戻るために皮膚も戻っている時期なので、しっかりと保湿をし、皮膚のスムーズな収縮を助けてあげましょう。

ちなみに、実はお尻もバストとほぼ同じ構造をしています。「加齢によって太ももとお尻の境目がなくなってきた」なんて声も耳にしますが、これもバストと同じく「お尻の下垂」が原因で起こる現象です。お尻にもクーパー靭帯があり、バストと同じく再生が非常に難しい組織です。バストは小学校高学年〜中学頃が発達のタイミングとして知られていますが、お尻は生まれたときからあるもの。できる限り若いうちからガードルやスパッツなどを着用し、お尻の揺れに対してもしっかりケアを行いましょう。毎日のほんの少しの意識と行動が、美尻をキープする助けになるはずですよ。

だれにも教えてもらえないからこそ、バストの下垂原因について知らなかった方も多いはず。「体型が変わり始めるタイミングではじめて知った」なんて方も多いのではないでしょうか。1日でも早いケアが望まれますが、何歳であったとしても遅いことはありません。「美は1日にしてならず」という言葉のとおり、毎日の小さな積み重ねが未来のあなたを変えてくれます。気づいたタイミングからしっかりケアをして、美しく女性らしいプロポーションを保っていきましょう。

New

最新記事

  1. Lilose(リローズ)

    ランジェリーファッションで自分らしさを自由に楽しむ。”ランジェリー”と”お洋服”の組み合わせを提案するブランドLiloseの新鮮なアイテムで、なりたい自分を表現しよう!

  2. 生理に悩む女子たち全員集合!あの憂鬱な1週間がワクワクする1週間に変わるかもしれない、そんな嬉しいアイテムをご紹介

    生理に悩む女子たち全員集合!あの憂鬱な1週間がワクワクする1週間に変わるかもしれない、そんな嬉しいアイテムをご紹介

  3. お尻は揺らさず温める!ガードルで正しい位置をキープして代謝アップを叶えよう

    お尻は揺らさず温める!ガードルで正しい位置をキープして代謝アップを叶えよう

  4. Anknot &ies(アンノットアンディーズ)

    Anknot &ies(アンノットアンディーズ)「Color My Day. /わたしを解放するアンダーウェア」9月20日ローンチ!

  5. 大人女子のボディ選びにAlquarteはいかが?セクシーさも上品さも遊び心のあるデザインも、この1着なら叶います。ピリッと刺激的なボディで圧倒的な魅力を手に入れて。

    大人女子のボディ選びにAlquarteはいかが?セクシーさも上品さも遊び心のあるデザインも、この1着なら叶います。ピリッと刺激的なボディで圧倒的な魅力を手に入れて。

  6. N bijoux(エヌビジュー)がマセラティ紀尾井町にて合同展示会を開催!インポートランジェリーとインポートカーの異色のコラボを秋の紀尾井町で楽しんで!

    N bijoux(エヌビジュー)がマセラティ紀尾井町にて合同展示会を開催!インポートランジェリーとインポートカーの異色のコラボを秋の紀尾井町で楽しんで!

Categoty

カテゴリー一覧

Ranking

人気記事

  1. 人との会話から作り上げていくもの ビスポークランジェリー「Uchida」筒井ユキさんインタビュー(前編)

    人との会話から作り上げていくもの ビスポークランジェリー「Uchida」筒井ユキさんインタビュー(前編)

  2. 人気女王様たちから慕われるボンデージ・コルセットのスタイリスト Baby Doll Tokyoと緑川ミラノ

    数々の人気女王様たちから慕われるボンデージ・コルセットのスタイリスト/Baby Doll Tokyo 緑川ミラノ氏インタビュー・前編

  3. Alquarte鈴木さん

    上品でセクシーなランジェリーをデザインする-アルクァーテ鈴木緑さんインタビュー(前編)

  4. OnlyG | オンリージー

    Gカップだけじゃない!サイズ許容が広く、H〜Kカップの方も着用できるOnlyGのノンワイヤーブラ。

  5. Elliy&J 髙橋恵理

    “体の巡り”まで考えられた美しいハンドメイドランジェリーができるまで ―Elliy&J 代表 髙橋恵理さんのインタビュー

Pickup

ピックアップ記事

  1. N bijoux(エヌビジュー)がマセラティ紀尾井町にて合同展示会を開催!インポートランジェリーとインポートカーの異色のコラボを秋の紀尾井町で楽しんで!

    N bijoux(エヌビジュー)がマセラティ紀尾井町にて合同展示会を開催!インポートランジェリーとインポートカーの異色のコラボを秋の紀尾井町で楽しんで!

  2. Elliy&J、5周年を記念したPOPUP SHOPを原宿表参道キャットストリート「Atelier MITULLE」にて開催!

    Elliy&J、5周年を記念したPOPUP SHOPを原宿表参道キャットストリート「Atelier MITULLE」にて開催!ランジェリーのワークショップも!

  3. 人気女王様たちから慕われるボンデージ・コルセットのスタイリスト Baby Doll Tokyoと緑川ミラノ

    数々の人気女王様たちから慕われるボンデージ・コルセットのスタイリスト/Baby Doll Tokyo 緑川ミラノ氏インタビュー・前編

  4. YUVI KAWANO が夏の3都市「名古屋・京都・東京」にてPOPUP!TETOMEのアクセサリーブランドと共催イベントを開催

    YUVI KAWANO が夏の3都市「名古屋・京都・東京」にてPOPUP!TETOMEのアクセサリーブランドと共催イベントを開催。

  5. Repos Tank Top Bra

    いつものお洋服にスパイスを。ヘビロテ確実!とにかく使えるAlbâgeのタンクトップブラ

  6. 耽美着物ミラノロマンティカ | Baby Doll Tokyo(ベビードールトウキョウ)

    耽美着物ミラノロマンティカ | Baby Doll Tokyo新作ビジュアル公開

Tags

人気タグ